Singapre_stock
Singapre_stock
Singapre_stock

シンガポール基本情報

東洋と西洋が交差するマレー半島南端のジョホール海峡に面した都市国家であり、ASEAN地域の経済をリードする「緑豊かなガーデン・シティ」と呼ばれています。中国、マレー、インド、ヨーロッパなど多様な文化、言語、宗教が調和し、独自の文化を形成してきました。国土面積は東京23区程になりますが、電子産業によって高度成長を遂げた後、高付加価値の製造業、金融、情報通信、バイオテクノロジーの育成に力を注ぎ、最先端のビジネスでASEAN諸国及び世界経済を牽引しています。アジア太平洋地域の戦略的な位置にあり、卓越したインフラを備えることから金融と貿易の中心地となっています。さらに、さまざまな優遇税制措置により外資系企業を誘致し、グローバルビジネスの拠点でもあります。
2002年に締結した「日本・シンガポール新時代経済連携協定」は貿易や投資、金融、情報通信、人材育成などを含む二国間の経済連携を目指す、日本にとっては初めての経済連携協定です。

人口 564万人(2018年6月末)
面積 719.9km²
名目GDP(国内総生産) 3,610億米ドル(2018年)
実質GDP成長率 3.23%(2018年)
一人当たり名目GDP 64,041米ドル(2018年)
経常収支 650億米ドル(2018年)
通貨 シンガポールドル

(出所)
国際機関日本アセアンセンター「ASEAN加盟国のご紹介 シンガポール」https://www.asean.or.jp/ja/asean/country/singapore/、
IDE-JETRO「シンガポール 概況」(最終更新日:2019年06月28日)https://www.jetro.go.jp/world/asia/sg/basic_01.html

シンガポール市場

SGX Mainboard 上場銘柄数:520銘柄
約77兆4,189億円(9,715億シンガポールドル)
SGX Catalist 上場銘柄数:218銘柄
約7,889億円(99億シンガポールドル)

(出所) アイザワ証券より(2019年6月末)

シンガポールの株式市場について

現地立会日 月曜日~金曜日(祝祭日を除く)
取引時間 前場 9:00 ~ 12:00(日本時間 10:00 ~ 13:00)
後場 13:00 ~ 17:00(日本時間 14:00 ~ 18:00)
売買単位 100株(一部例外あり)
売買通貨 シンガポールドル
呼び値 株価に応じて0.001~0.010シンガポールドル
値幅制限 なし

※現地ルールを記載していますので、当社ルールとは異なる場合があります。また、予告なく変更される場合があります。

取扱銘柄一覧

銘柄コード
銘柄名
銘柄情報 株価
単位
現在、準備中です。

※2019年12月末現在の取り扱い銘柄
※株価については、前日の終値を表示

シンガポール株式委託手数料(税込)

対面取引手数料 売買代金の 2.20%

※買いの場合のみ、最低手数料を8,800円とします。
※売買代金は現地における約定代金とします。
※現地諸費用等は委託手数料に含まれております。
※上記は、2020年1月23日現在の委託手数料であり、今後諸般の事情により改定することがあります。

為替スプレッド

通貨 シンガポールドル
為替スプレッド 60銭

※TTMは三菱UFJ銀行が公表するレートを使用します。