平成13年4月1日より「金融商品の販売等に関する法律」(金融商品販売法)が施行になり、金融商品取引業者等はお客様に金融商品をご購入いただく際に、その金融商品が持つリスク等(重要事項)に関して説明することが義務付けられました。

 本説明書は、お客様に金融商品が持つリスク等(重要以降)をご理解いただくためにお客様に説明すべき重要事項について説明を行い、勧誘の適正の確保とお客様の保護を図ることを目的としています。

 つきましては、当社が取扱う有価証券等のお取引に関する重要事項について記載いたしましたので、約款・規程集と合わせてよくお読みいただきご確認のうえ金融商品をご購入くださいますようお願申し上げあます。尚、投資信託の重要事項につきましては、購入時に「目論見書」を、集団投資スキーム持分への出資に関しましては、「組合契約書」をご覧になりその内容を確認してください。

国内株式・その他取扱有価証券等のリスク

【株価変動リスク】
 売買等に当たっては、株価の変動(主に株式相場の変動)により損失を被ることがあります。

【発行者の信用リスク】
 発行者等の業務・財産の状況により、損失が生じるおそれがあります。破産等により、投資元本すべてを失うこともあります。

【流動性リスク】
 流動性の低い銘柄は、流動性の高い銘柄に比べて株価の値動きが大きくなる傾向があります。

外国株式のリスク

【価格変動リスク】
 売買等に当たっては、株価の変動(主に株式相場の変動)により損失を被ることがあります。

【発行者の信用リスク】
 発行者等の業務・財産の状況により、損失が生じるおそれがあります。破産等により、投資元本すべてを失うこともあります。

【流動性リスク】
 流動性の低い銘柄は、流動性の高い銘柄に比べて株価の値動きが大きくなる傾向があります。

【為替リスク】
 為替の変動により損失を受けるリスクがあります。

【カントリーリスク】
 投資する有価証券等が上場する金融商品取引所の所在する国の政治・経済・社会情勢の変動等の要因による相場の変動により、損失を被ることがあります。

投資信託

【市場変動リスク】
 金融商品市場等の相場、為替、金利その他の指標の変動により、組み入れる有価証券等の価格が下落することにより、損失を被ることがあります。従いまして元本の保証はございません。

【カントリーリスク】
 組み入れられている有価証券等が上場する取引所の所在する国の政治・経済・社会情勢の変動等の要因による相場の変動により、損失を被ることがあります。

【信用リスク】
 組み入れる有価証券の発行者の業務・財産の状況により損失が生じるおそれがあります。

【その他】
 クローズド期間が設定されている投資信託は、クローズド期間中は換金することができません。投資対象證券が外国証券の投資信託や外貨建て投資信託は、為替の変動により損失を受けることがあります。

 リスクの内容は投資信託により異なります。ご購入の際には「目論見書」または「説明書」をよくお読みいただきリスクの内容をご確認ください。

各種ファンド

 各種集団投資スキームへの出資に関しましては、国内外の有価証券のみならず様々な事業を投資対象としていることから、組入れた株式や債券の値動き、為替増場の変動に加え出資対象事業により変動します。このため出資元本を割り込む損失を被るおそれがあります。またファンドの設立根拠となる法令によりファンドの性質も違っています。

 このように個別のファンドごとにその形態、リスク、投資対象、出資対象事業の内容、手数料や費用等が様々であることから、出資のご検討をされる場合には必ず各ファンドごとの「組合契約書」「契約締結前交付書面」等をよくお読みいただきリスクの内容をご確認ください。